我は王に非ず

FGOを中心にゲームアプリの役立つ情報をお伝え!・・・できるように努力します( ..)φ

【FGO】宝具演出の新しい時代を作った!ブラダマンテ

どーも、あぶりです^-^

 

みなさんきっと今頃ボックス周回に勤しんでいる頃でしょう。

 

筆者は完全に出遅れています。

 

なぜなら昨日まで3章をプレイしていたから笑

 

そして驚くなかれ、まだ終わっていません。

 

理由は空想樹に勝てないから……

 

詳細は「以蔵さんと行く第3章」の続きで書きたいと思います。

 

が、その前にブラダマンテの性能・評価の記事書かなきゃ!

 

持ち石できてくれたいい子を褒めて褒めて褒めちぎるよおおおおお!笑

 

ブラダマンテ

  

ステータス

HP:15,682

ATK:10,833(クラス補正込みで実質11,374)

 

カード構成

 

ブラダマンテ

カード構成はBAAQQ!

 

これは初です!

 

ランサーの☆5はエルキドゥのBAQQQ以外は全てBBAQQのカード構成でしたが、ブラダマンテがそれを打ち破ってきました。

 

正直なところを言うと、このカード構成が一番扱いが難しいです。

 

クイックカードを複数枚持っていて、アーツカードが1枚だとそれなりのクイックカード性能になることが多いです。

(逆に1枚のアーツが超性能になることもありますが…)

 

FGOではNP効率を決める際にカード構成などのバランスで数値が変わる傾向にあります。

 

アーツが2枚以上となるとアーツでのNP獲得機会が増えるぶん、1枚あたりのアーツ性能が落とされてしまってクイックまで影響してきてしまうというやつです。

 

こうなると、

・バスターが1枚でアタッカーには向いていない

・アーツ2枚なのでクイックでNPが稼ぎにくい(でも威力の低いクイックが2枚ある)

 

などの弊害があります。

2つ目はアーツチェインを組みやすいというメリットはありますが、アーツ宝具じゃないブラダマンテにはあまり影響しなさそうです。

 

 

クラススキル

耐魔力A:自身の弱体耐性アップ20%

 

 

スキル構成(スキルマ状態)

クレルモンの勲B CT5

自身のクイックカード性能をアップ(3T)30%

&アーツカード性能をアップ(3T)30%

 

無難に強いスキル来た!笑

 

これ系だとだいたいバスター&クイックをアップする系だったけどしっかり自分が多く持っている2種類のカード性能を上げられる良いスキルです。

 

クイック&アーツアップだとNPを獲得するカードの性能がどちらもあがるのはいいことです。

 

ただ、ブラダマンテあんまりアーツの性能良くないです…

 

アーツ頭のクイック、アーツチェインでの固定のNP獲得をうまく利用しましょう。

 

スキル育成優先度(☆☆☆☆★)

2種類のカードに対してバフがかかるので無難に育てきるのをおすすめします。

 

3ターン継続系のスキルはとりあえずチャージタイム短縮を目的に育成をしましょう。

 

当たり前のことをいいますが、1つのバトルを通してバフがかかっている時間を少しでも長くする方が良いためです。

 

あげきってしまったら積極的に使っていけるのでwave1、2とかも少し楽に進めていけますね。

 

白羽の騎士B+ CT6

自身にガッツ状態を付与(1回、3T)3,000

&防御力をアップ(3T)30%

 

強くはない!どちらかというと弱い方の部類に入ってしまいます。

 

防御力アップ30%が3ターン継続するのはまずまずの効果です。

 

防御アップは地味に見えて結構耐久力が上がりますからね。(特にヴラド、茨木とか使ってみると実感しやすい。)

 

ただ、ブラダマンテの場合はバーサーカーでもなければ純正のサポーターでもありません。

 

ずっと場に残り続けるの正解なのかはこれから色々なクエストを試してみないと判断できません。

 

ガッツ状態も付与されるので耐久は☆5槍の中では高い方です。(回避持ってるやつの方がいざというときに対応できますが…)

 

 

魔術解除A CT5

味方単体のNPを増やす20

&弱体状態を解除

 

これは強いスキルですね。

 

刑部姫など味方単体のNPを増やせるサーヴァントは他にもいますが、類似しているスキルの中では副次効果が一番良いものです。

 

FGOもリリース3年を迎え、下記の用にバトルの傾向も変わってきました。

最初:敵がそんなにバフ、デバフを使わない

その次に:敵がバフを盛りまくる。特殊耐性などを持ち合わせている。

さらに:デバフをめちゃ使ってくる。ブレイクやさらなる特殊耐性出現。

 

こんな感じで昔まであんまり強いと思っていなかった弱体解除の需要はすごく上がったと思います。

 

NP獲得スキルももちろん強力ですが、あわせて弱体解除もできてそれが味方誰にでもできるってめっちゃ優秀ですよ。

 

ブラダマンテのメインはこれだといっても過言ではない。

 

 

スキル育成優先度(☆☆☆☆☆)

問答無用でこれ一択です。味方に影響を与えられるこのスキルは非常に重宝するでしょう。

 

NP50礼装+NP獲得30%持ちのサーヴァントがいきなり全体宝具もぶっぱできる用になります。

 

自身は凸カレでも着けてしまえば2体の全体宝具発動が確定しますね。

(カレイドスコープが凸れてない人でも全体宝具ぶっぱに役立ちます。)

 

NP獲得の数値を上げるのももちろん大切ですが、せっかくチャージタイム5で回せるスキルを温存していく意味もありません。

 

スキルを上げきって効率よく回し、味方全体のサポートにつとめましょう。

 

 

宝具

「目映きは閃光の魔盾(ブークリエ・デ・アトラント)」

自身の宝具威力をアップ(1T)20%

&敵全体に強力な攻撃

&確率でスタン状態を付与(1T)発動確率60%

&クリティカル発生率をダウン(3T)

 

宝具効果も十分強力なんですが、なんといっても目玉は宝具演出!

 

だんだん宝具演出にも変化が出てきて、正面イラストのカットを持つサーヴァントも増えてきました。

 

が、ブラダマンテはまさかの後ろからのカットのイラストを使用!

 

プリティーなお尻を宝具発動の度に拝むことができます。笑

 

この発想はなかった…運営さんさすがです^-^

 

と、演出に目がいきがちですが、効果自体もすごい詰め込んであります。

(アーツカードの性能の調整の理由はここですね。効果詰め込みすぎなんだよ!)

 

確率とはいえスタン付与効果のある宝具に宝具威力アップとクリティカル発生率ダウンはやりすぎだと思います。

 

宝具が強すぎると発動を制限する意味でもカード性能に調整がかかることが多いですよね。(確定スタン持ちのスカサハとかもこれにあたる)

 

それでもWスカディシステムに組み込めるらしいので通常時のカード性能はあまり気にすることもないのかもしれません。

 

筆者は1体引くのがやっとだったのでシステム無理でした…(スキルも上げ切れてません)

 

 

礼装、運用法など

カレイドスコープ

 

カレイドスコープ

システム組むなら凸カレ一択ですよね。

槍にはパールやワルキューレがいるので宝具重なりやすいそちらで使用する方が現実的であるかもしれませんが。

 

2030年の欠片

 

2030年の欠片

システム組まないならブラダマンテはサポートに徹するべきだと筆者は思います

。(カード構成的にもアタッカーには向いてませんし)

 

メリー・シープ

 

メリーシープ

一番中途半端なポジションでの扱いにはなるかもしれませんが、欠片を持っていないけどスター獲得系の礼装を着けたいという方におすすめ。

 

なんたってイベントの配布礼装ですしね。

 

カード構成ともぴったりマッチします。

 

 

育成素材

再臨に必要な素材

第一段階:槍のピース×5

第二段階:槍のピース×12、英雄の証×22

第三段階:槍のモニュメント×5、大騎士勲章×20、戦馬の幼角×3

最終再臨:槍のモニュメント×12、戦馬の幼角×6、鳳凰の羽根×10

 

スキル育成に必要な素材

12:槍の輝石×5

23:槍の輝石×12

34:槍の魔石×5

45:槍の魔石×12、大騎士勲章×10

56:槍の秘石×5、大騎士勲章×20

67:槍の秘石×12、英雄の証×15

78:英雄の証×29、追憶の貝殻×6

89:追憶の貝殻×18、オーロラ鋼×24

910:伝結晶×1

 

 

まとめ

間違いなく可愛い!

 

ですが、現状の全体槍を脅かすほどの性能でもなかったのかと思います。

 

性能目当てという方は無理に引きにいかなくても良いでしょう。

 

うちにはエレチャン、カルナが宝具5で控えておりますのであまり出番はなさそうです。

 

ということで、今日はここまで。

 

ばいばいッ!